クラウドファンディングのオールイン!100%資金調達できる理由と比較

クラウドファンディング オールイン

クラウドファンディングのAll-in(オールイン)って何?

All-in方式は、プロジェクトで定める目標金額設定において、目標金額に満たない場合でも資金を調達することが出来る方法です。

目標金額の設定は、クラウドファンディングを始めるスタート段階で定める必要があります。
プロジェクトが成功するか・失敗するかを決める大きなポイントとなるのできちんと理解しておく必要があるでしょう。

今回はクラウドファンディングの資金調達方法、All-in方式について詳しく紹介していきます。

1:All-in(オールイン)とは?All-or-Nothingとの違い

  • All-in方式って、どんな方法で資金を調達できるの?
  • All-or-Nothing(オールオアナッシング)との違いは何?

上記の様にお考えではありませんか?

クラウドファンディングを使って資金調達をする上で、目標金額を設定します。

その際にクラウドファンディングでは、多くのサイトで2つのタイプから目標金額を設定することが可能です。
国内の購入型クラウドファンディングで多く取り入れられている「All-or-Nothing」と、今回紹介する「All-in」という仕組みになります。

All-inが、どの様なタイプになるのか詳しく紹介していきましょう。

1-1:未達成でも資金調達が可能

All-in方式は、一件でも支援があれば目標金額の達成・未達成に関係なくプロジェクトを実施する方法になります。

All-or-Nothing方式は、期間内に目標金額に達しなかった場合プロジェクトは不成立となるのです。
しかしAll-inの場合には、目標金額に達していない場合でも集まった累計支援額を受け取ることができ、プロジェクトを実施することになります。

支援者がたとえ1人でも、その人に対してリターンを実施する必要があるのです。
その為、支援金額が目標金額に達していない場合でも累計支援額を貰える代わりに平均10%~20%の手数料を支払う必要があります。

クラウドファンディング利用手数料を差し引いた金額が、起案者の口座へ振り込まれ利用することが可能です。

2:All-inとAll-or-Nothing!2つを選ぶポイント

All-in・All-or-Nothingどちらを選べば良いか分からない・・・。

上記の様にお悩みですよね。

All-inとAll-or-Nothingどちらを選べば良いか、判断が出来ない場合にはAll-or-Nothingを選ぶのがオススメです。

支援者に対して意欲を見せることができ、プロジェクト不成立の場合にも手数料を支払う必要がありません。

  • All-in
  • All-or-Nothing

上記2つの方法は、どの様なプロジェクトの場合に選べば良いのかポイントを紹介していきましょう。
どちらを選べば良いか分からない場合には、ぜひ参考にしてみてください。

2-1:All-inを使う場合

All-inで資金調達する場合は、すでにプロジェクトや企画を実施する予定である場合に使うことをオススメします。

予定されている企画やプロジェクトなどを、もっと盛り上げたい!PRやプロモーションの強化を目的として利用したい!という場合に多く使用されているのです。All-inで資金調達を行っているプロジェクトを紹介します。

camp-fire.jp

上記の「パワーアップして再登場!ウェアラブルな小型クーラー「blö2.0」」は、All-in方式でプロジェクトを実施しており、支援した人へのリターンとして開発した小型パーソナルクーラを提供しています。

既に商品は開発済みで、商品のPRを目的としているので、例え目標金額に達しない場合でもプロジェクトを実施する事が可能です。
一人でも多くの人に、商品を届けたいという思いからAll-inを採用していると考えられるでしょう。

1-2:All-or-Nothingを使う場合

All-or-Nothingを使う場合には「少なくても〇〇円が必要」「資金が集まらないと、プロジェクトを実行できない」という場合に利用する事をオススメします。

All-or-Nothingは期間内に目標金額に達しなかった場合、集まったお金は全て支援者に返金されプロジェクトは不成立となるのです。

初期投資が高額なプロジェクトや、テストマーケティングなどで使用されることが多くなっています。

また、絶対にプロジェクトを成功させたい!と全力で取り組む必要があるでしょう。All-or-Nothingで実施しているプロジェクトを紹介します。

readyfor.jp

上記の「「学校がない、でも、勉強がしたい!」その思いに応えたい。」は、バングラデシュ北部の貧困農村部に専門学校を設立したいという思いから資金調達を行っています。

バングラデシュ北部貧困農村部の半径40kmには、教育機関が一つもなく子ども達は、学びたくても学べない状況下に置かれているのです。
そんなバングラデシュ北部貧困農村部に学校を設立し開校するためには、パソコン等の物品を購入するための200万円を必要としています。
専門的な知識が学べるよう環境を整えるため、資金が絶対に必要という事ですね。

このように、これだけでの資金が無いとプロジェクトを実施することが出来ないというプロジェクト内容の場合にはAll-or-Nothing方式を活用すると良いでしょう。

3:All-inとAll-or-Nothingのメリットデメリット

 All-in・All-or-Nothingの資金調達方法を活用することにより、それぞれどんなメリット・デメリットが発生するのか気になりませんか?

All-in・All-or-Nothingには、それぞれメリットデメリットがあるので紹介していきましょう。

 【All-in】

  • 確実に資金調達できる
  • 手数料を支払ってでも宣伝効果を期待できる
  • 敷居が高くなる

【All-or-Nothing】

  • 意欲が支援者に伝わりやすい
  • プロジェクトが開始できない
  • リターンが受け取れない

上記それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

3-1:All-in

All-inのメリット・デメリットについて紹介していきましょう。

【メリット】
① 確実に資金調達できる
All-inは、期間内に設定した目標金額に達成しない場合でも累計支援金額を得ることが出来ます。
そのため達成しなかった場合でも、確実に資金調達を行うことが可能です。

② 手数料を支払ってでも宣伝効果を期待できる
All-inは、目標金額に達成しない場合でも集まった資金を調達することが可能です。
その代わりに、どんなに少額でも利用手数料(10%~20%)を支払う必要があります。
しかし、手数料を払ってでもクラウドファンディングを利用する事により十分な宣伝効果を期待することが可能です。
多くの人にプロジェクトの存在を知らせる術として活用することが出来ます。

【デメリット】
① 敷居が高くなる
All-inは、支援者からすると敷居が高いと感じられる点がデメリットです。
プロジェクトは、目標金額に達しなくても実施されますが、資金不足という点から成功しない可能性が考えられます。
プロジェクトの内容次第では、資金調達が上手くいかない事も考えられるでしょう。

3-2:All-or-Nothing

All-or-Nothingのメリット・デメリットについて紹介していきましょう。

【メリット】
① 意欲が支援者に伝わりやすい
All-or-Nothingは、期間内に目標金額に達しない場合は集まった資金を得ることが出来ません。
資金調達に成功しないとプロジェクトを開始することが出来ないので、熱意や誠意が支援者に伝わりやすいのです。

【デメリット】
①プロジェクトが開始できない
All-or-Nothingの最大のデメリットは、資金調達に成功しないとプロジェクトが始められないことです。
期間内に1円でも目標金額に達しなかった場合、その時点でプロジェクトは不成立となります。

② リターンが受け取れない
支援者の多くは、プロジェクトのリターン内容を見て支援するか決めるでしょう。
支援したプロジェクトのリターンがどうしても欲しくても、プロジェクト自体が資金調達に成功しなかった場合には不成立となりリターンも貰う事が出来ないのです。必ずしもプロジェクトが成功するわけでは無いという事を覚えておきましょう。

まとめ

クラウドファンディングのAll-in(オールイン)について詳しく紹介してきました。

All-inは、目標金額の達成・未達成に関わらず集まった累計支援金を得ることが可能です。
プロジェクト期間終了後、手数料を引いた額が振り込まれプロジェクトを実施する必要があります。

また、たとえ支援者が1人であってもリターンを行う必要があるのです。

プロジェクトの目的に合わせて、どちらの方法で資金調達を行うのか決めると良いでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。