ファクタリングでクレジットカード決済の入金サイクルを短縮する方法

ファクタリング クレジットカード

クレジットカード決済の入金をファクタリングで早められないか?

上記のように、クレジットカード決済の入金をファクタリングで早期回収できないか とお悩みではないでしょうか。

小売業や飲食業、ECサイトなどではクレジットカード決済が頻繁に用いられます。

クレジットカード決済は、売上が実際に入金されるまでのスパンが長く資金繰りに困っているのではないでしょうか。そんな時には、クレジットカード債権を使ってファクタリングを利用すれば売上を早期回収することが出来るのです。

今回は、クレジットカード決済の入金を早めるクレジットカード債権ファクタリングについて詳しく紹介していきます。

1:カード決済の入金を短縮できる資金調達方法

クレジットカード

クレジットカードで決済された入金を、短縮化できることを知っていますか?

通常、クレジットカード支払いで行われた決済は月末にまとめてクレジットカード決済代行会社へ請求します。決済代行会社を用いることで、お店側への入金は売上発生から1ヶ月~2ヶ月前後のタイムラグが発生 してしまうのです。

クレジットカード決済が増えると、入金までのスパンが長すぎてキャッシュフローが悪くなります。すると創業したての起業や、そこまで資金がない会社は運転資金がショートすることが考えられるでしょう。ここで活用したいのが、クレジットカード債権を活用したファクタリングです。

クレジットカード支払いの売上を、ファクタリングを利用することで一体どのよう資金調達できるのか詳しく紹介していきます。

1-1:クレジットカード債権ファクタリング

 クレジットカード債権を使ったファクタリングについて紹介していきましょう。

クレジットカード決済を行った場合、支払いは月末にまとめて決済代行会社へ請求します。この際に請求する債権を、ファクタリング会社へ譲渡することによってクレジットカード決済の売上を早期回収することが出来るのです。

主な流れをイメージしてみましょう。

クレジットカード債権ファクタリング
  • お店が商品・サービスを提供
  • お客さんがクレジットカード決済で購入
  • お店はファクタリング会社へクレジットカード債権を譲渡
    ---------ファクタリング会社が決済代行会社を審査---------
  • 買取金額(80%~90%)を入金
    ---------決済代行会社から期日に売上が入金される---------
  • ファクタリング会社へ売掛金(売上)を入金

上記のように、ファクタリング会社へクレジットカード債権を譲渡することで売上を早期回収することが可能です。

売上回収までのスパンを短くし、運転資金へ回すことができます。2019年10月に増税され、キャッシュレス化が進んでいますね。キャッシュレス化が進むことによって、クレジットカード決済は更に増えていくことを予想することができるでしょう。

現金の回転率を上げる上でも、BtoC向けのお店はファクタリングという資金調達手段を有利に活用していくことができるでしょう。

2:クレジットカード債権ファクタリングのメリット・デメリット

クレジットカード決済の入金が早められる!

上記のようにファクタリングを利用しようと考えた際には、利用するメリットやデメリットは無いのか気になりますよね。

クレジットカード債権を使ったファクタリングには3つのメリット2つのデメリットがあるのです。

利用する前には、事前によく確認する必要があります。

  • メリット
    ① キャッシュフローの改善
    ② クレジットカード債権はファクタリングに有利
    ③ 誰にもバレずに資金調達可能
  • デメリット
    ① 手数料がプラスされる
    ② 頼りがちになってしまう

上記3つのメリットと2つのデメリットについて詳しく解説していきましょう。

クレジットカード債権ファクタリングを利用しようとお考えであれば、必ずチェックしておく必要があります。

2-1:3つのメリット

クレジットカード債権ファクタリング3つのメリットを紹介しましょう。

キャッシュフローの改善

クレジットカード債権ファクタリングを活用することで、キャッシュフローの改善をすることができます。クレジットカード決済の場合、売上金がお店に入ってくるまで1ヶ月~3ヶ月くらい時間がかかってしまうのです。この回収期間をファクタリングを使うことで短縮するこができ、キャッシュの回転をはやめることができます。資金繰りが悪い場合にも、資金を早期回収することで運転資金に回すことが可能です。

クレジットカード債権はファクタリングに有利

クレジットカード債権は、ファクタリングを利用できる売掛債権の中でも有利に利用することができます。クレジットカード債権ファクタリングを利用する際に審査対象となる責務者(売掛先)は、決済代行会社です。決済代行会社は、一般の民間企業と比べ信用力が高く貸し倒れのリスクが低いとされています。リスクの低いクレジットカード債権は、審査に通りやすく手数料も安く抑えることが可能です。

誰にもバレずに資金調達可能

ファクタリングには2社間取引と3社間取引という方法があります。

2社間取引という方法を使えば、利用者とファクタリング会社の2社で手続きを進めることが可能です。その為、第三者(取引先等)にファクタリングを利用しているとバレる心配がありません。資金繰りが悪いのでは?というマイナスイメージを与えずに資金調達することが可能です。

2-2:2つのデメリット

クレジットカード債権ファクタリングの2つのデメリットを紹介します。

手数料がプラスされる

ファクタリングを利用する上で、最大のデメリットと言えるのが手数料です。

通常のクレジットカード決済手数料(4%~5%)に加えて、ファクタリング会社へ支払う手数料(10%~20%)がかかります。2社間取引を利用した場合、スピーディーに取引でき第三者へ知られる心配はありませんがトータルで25%前後の手数料がかかるでしょう。ファクタリングを利用する際には、なるべく3社間取引を利用し手数料を抑えることをおすすめします。

頼りがちになってしまう

ファクタリングは、クレジットカード債権さえあれば利用できる資金調達方法です。

クレジットカード債権は審査にも通りやすく、ほぼ確実に現金を手に入れることができます。しかし実際に入ってくるお金は、手数料が引かれているので少ない額です。利用する頻度を気を付けなければ、かえって資金繰りが悪化する可能性があります。

利用しやすい資金調達方法ですが、ファクタリングを頼りすぎない様に注意しましょう。

3:ファクタリングが必要ないキャッシュレス決済方法

クレジットカードなどのキャッシュレス決済でも、ファクタリングを利用しない方が良い決済方法があります。

ファクタリングを利用しない方が良いキャッシュレス決済とは、支払いサイクルが早い決済方法です。支払いサイクルが早い決済方法の中でも代表的なものが「楽天ペイ」になります。楽天ペイは楽天銀行をお持ちであれば、売上発生の翌日に自動入金されるのです。

このような場合には、ファクタリングを利用する必要がありません。ご自身がファクタリングを利用しようとしている決済方法は、どのくらいのスパンで支払いが行われるのか確認しておきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

決済方法 支払いサイクル
楽天ペイ 最短翌日
Square 最短翌営業日
Coiney 自動:月末締め、翌月20日払い
手動:月6回まで指定
Airペイ 月3回もしくは月6回
PayPay 翌々営業日
メルペイ 月1回:月末締め、翌月10日払い
月2回:15日締め25日、月末締め、翌月10日払い
LINE Pay 入金申請で即時
PayPal 月末締め・翌月20日払い
Paidy 月末締め・翌月20日払い
Origami Pay 1日-15日:当月末日
16日-当月末日:翌月15日

4:売掛債権を買取る!5つのファクタリング会社

クレジットカード債権ファクタリングをしたい!

上記のように思い立ったら、優良なファクタリングを利用するようにしましょう。

ファクタリング会社の中には、悪質な業者も存在します。悪質な業者を使用しないためにも、安心して利用できる会社を選びましょう。

5つの優良なファクタリング会社を紹介します。

  • OLTA
  • ビートレーディング
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • ジャパンマネジメント
  • 資金調達プロ

上記5つの中でも、おすすめはOLTAです。OLTAは手数料が2%~9%と安く、最短即日で資金調達することができます。

さっそく5つのファクタリング会社について紹介していきましょう。

4-1:OLTA

OLTA
注目ポイント
個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!
  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

4-2:ビートレーディング

ビートレーディング
注目ポイント
最短即日12時間!必要書類は3点だけでOK!
  • 株式会社ビートレーディング
  • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
  • 0120-97-9559
  • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

4-3:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構
注目ポイント
郵送ファクタリングOK!中小企業のためのファクタリング会社
  • 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  • 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
  • 03-6435-8727
  • 手数料8%~20%

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人で運営されているファクタリング会社です。

中小企業の役に立ちたい」という思いから設立されており、中小企業の資金調達で強い味方となってくれます。
即日~3営業日以内に資金化することができ、郵送ファクタリングが可能です。

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトを見る

4-4:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント
注目ポイント
出張買取OK!経営ノウハウが得られる!
  • 株式会社ラインオフィスサービス
  • 福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8階
  • 0120-258-076
  •  手数料3%~

ジャパンマネジメントは、福岡に本社を構えるファクタリング会社です。

 東京にも支店があり、首都圏でも利用することが出来ます。
さらに出張買取に対応しているので、全国どこからでも利用することが可能です。

またファクタリング取引だけではなく、資金調達後の経営アドバイスまでサポートしてもらうことが出来ます。
資金調達だけでなく、経営アドバイスを求めている場合にはオススメのファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントの公式サイトを見る

4-5:資金調達プロ

資金調達プロ
注目ポイント
ファクタリング会社を一括比較できる巨大ポータルサイト!無料のかんたん診断ができる!
  • 株式会社セレス
  • 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

まとめ

クレジットカード債権ファクタリングについて詳しく紹介してきました。

クレジットカード決済によって生まれた売上が、実際にお店に入ってくるのは1ヶ月~3ヶ月前後かかります。

この支払いサイクルを短縮化することができる資金調達方法が、クレジットカード債権のファクタリングです。

ファクタリングを利用することで、通常1ヶ月~3ヶ月かかる支払いサイクルを最短1日に短縮することができます。

資金調達にお悩みであれば、ぜひファクタリングを検討してみてください。