ファクタリングで将来の家賃を先取り!一般債権との3つの違いを解説

ファクタリング 家賃

マンション経営をしているけど、月末の家賃の入金までにお金が必要だけど足りない…

上記のような経験がある方は少なくないでしょう。

そんな時は、ファクタリングサービスを利用することで家賃を早期回収することが可能です。

一般的には企業間取引における売買債権を売買するものですが、ファクタリング会社によっては不動産の家賃収入を買い取るサービスを提供しているところもあります。今回は、不動産業界でも利用できるファクタリングサービスについて詳しくご紹介しましょう。

1:家賃債権はファクタリング可能!相性が良い理由

家賃収入を前借できないかな~?

不動産業界では、急に資金が必要になることがあります。そんな時、短期間で資金調達できるファクタリングサービスを利用するのはいかがでしょうか。家賃債権ファクタリングを利用すれば、最短即日で資金調達を行うことができます。

そんな家賃債権はファクタリングサービスと相性が良いとも言われているのです。

家賃債権がファクタリングと相性が良いとされる理由について詳しく解説しましょう。

1-1:ファクタリングとの相性が良いとされる理由

家賃債権とファクタリングは相性の良い資金調達方法と知っていましたか?

その理由は、家賃は毎月、入金期日と入金金額が決まっているからです。ファクタリング会社は、売掛金が未回収となることを一番恐れています。しかし、家賃債権であれば毎月一定の金額が入ってくることがほぼ確実です。未回収になるリスクが低く、ファクタリングとの相性が良いとされています。

毎月一定の入金が確定しており、安定している家賃債権であれば、通常は企業との取引だけしか対応していないファクタリング会社を、個人事業主も利用することが可能です。

2:ここが違う!家賃債権と一般的な売掛債権3つの違い

家賃債権と一般的な売掛債権は同じように利用することができる?

家賃債権と一般的な売掛債権には3つの違いがあります。

  • 審査の違い
  • 必要書類の違い
  • スピードの違い

債権を買い取ってもらうというサービス内容は同じですが、利用時の内容が一般的な売掛債権とは異なります。

上記3つの違いについて、詳しく解説していきましょう。

2-1:審査の違い

一般的な売掛債権と家賃債権におけるファクタリングの審査の違いについて紹介します。

一般的な売掛債権の審査でもっとも重要視されるポイントは、売掛先の返済力です。売掛先の会社が遅延・遅滞なく毎月しっかりと売掛金が支払われていれば審査に通りやすくなります。一方で家賃債権は、会社同士の取引ではないため対象となるのは、入居者の家賃支払い実績です。

家賃の支払いが遅れている部屋の家賃収入は、ファクタリング会社にとってリスクが高いので買い取りに応じない場合があります。

期日通りに家賃が支払われていて、安定した物件の家賃債権を審査に出すことで審査通率はグンとアップするでしょう。

2-2:必要書類の違い

一般的な売掛債権と家賃債権におけるファクタリングの必要書類の違いについて紹介します。

一般的な売掛債権のファクタリングにおける必要書類は以下の通りです。

  • 商業登記謄本
  • 印鑑証明(場合によっては住民票)
  • 決算書
  • 確定申告書
  • 売掛先企業との基本契約書
  • 個別の発注書、納品書、請求書など
  • 通帳(過去の支払い履歴が確認できるもの)
    上記7つの書類が必要となります。

一方で、家賃債権のファクタリングにおける必要書類は以下の通りです。

  • 入居者との契約書や管理会社の資料
  • 土地の公図
  • 土地や建物の不動産登記簿謄本
  • 評価証明書
  • 納税証明書
  • 家賃明細書
  • 残高証明書

上記7つの不動産を証明する書類が必要となります。

所有するアパート・マンションのうち何室が入居しているのか、毎月家賃の入金の履歴があるかを書類で確認されるのです。

2-3:スピードの違い 

一般的な売掛債権と家賃債権におけるスピードの違いについて紹介しましょう。

  2社間 3社間
一般的な売掛債権 最短即日 1週間~10日
家賃債権 最短即日 1週間~2週間

一般的な売掛債権と家賃債権どちらも2社間ファクタリングでの取引で最短即日での入金が可能です。

一般的な売掛債権は、利用目的や自身の状況に合わせたファクタリング方法を選択することができます。

一方で、家賃債権は、ファクタリング会社と自社の2社間が基本となります。売掛先へ一切通知せず、売掛先の信用調査のみを行うため売掛先に知らされる心配はありません。3社間ファクタリングは、売掛先である入居者への同意が必要です。

平均して1~2週間、入金までに時間がかかります。3社間ファクタリングは、ほぼ確実に売掛先から回収できるため手数料を安く抑えることが可能です。しかし、債権譲渡登記など手続きが複雑なため時間がかかるという点を覚えておきましょう。

3:家賃債権で資金化する4つのメリットと2つのデメリット

家賃をファクタリングで資金化するうえでメリット・デメリットは何があるでしょうか。

短期間で資金化できるからといって、安易に手を出してしまい自身の首を絞めるわけにはいきません。

  • 【4つのメリット】
    ➀家賃収入が確実
    ②急な資金調達に効果的
    ③不動産経営の負担軽減
    ④保証人や担保が不要
  • 【2つのデメリット】
    ➀高い手数料
    ②債権譲渡登記

ファクタリングを上手く利用するためにも、家賃債権を利用する上での4つのメリット2つのデメリットについて詳しく紹介します。 

3-1:4つのメリット

4つのメリットについて紹介しましょう。

【家賃収入が確実】
毎月期日までに支払いをしてくれる入居者がいる一方で、延滞を繰り返す入居者や、支払いそのものができなくなる入居者もいます。
ですが、ファクタリングサービスを利用することで、将来的に支払われる予定の家賃についてファクタリング会社が一括で支払いをしてくれるので、家賃が入ってこないというリスクが回避できるのです。

【急な資金調達に効果的】
所有する不動産の修繕費や新規物件の取得の際、なるべく早く資金を用意しなければいけませんよね。その場合、銀行から融資を受けるとなるとかなり時間がかかります
ですが、ファクタリングであれば最短即日で資金調達が可能です。そのため、急な資金調達にも対応可能となります。

【不動産経営の負担軽減】
管理業務も含めて請け負ってくれるファクタリング会社であれば、不動産経営の負担を減らせるでしょう。

【保証人や担保が不要】
ファクタリングは、現金を借入するのではなく売掛債権を売却する取引のため、保証人や担保が不要です。

3-2:2つのデメリット

2つのデメリットについて紹介します。

【高い手数料】
ファクタリングの手数料は銀行融資よりもかなり高いです。大きい額の資金調達が必要になるため、優良な取引であったとしても10%前後の手数料を支払う必要があります。先の見通しが甘いと、あとから苦しい状況になるでしょう。ファクタリングの前に収支の確認を行うなど注意が必要です。

【債権譲渡登記】
3社間でのファクタリングの場合、債権譲渡登記の手続きが必要となります。3社間を利用しようとすれば、入居者全員から了承が必要です。また、全員と契約手続きを行わなければいけない為、かなりの時間が必要となります。そのため、資金調達を即日で行うことは難しいのです。

4:家賃ファクタリングOK!5つのファクタリング業者

家賃債権に対応している業者が分からない!

上記のような方も、これから紹介する5つファクタリング業者を参考にしてみてください。

  • OLTA
  • ビートレーディング
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • ジャパンマネジメント
  • 資金調達プロ

上記5つの業者は家賃債権のファクタリング対象となっています。

それでは詳しく見てみましょう。

4-1:OLTA

OLTA
  • 運営会社:OLTA株式会社
  • 所在地:東京都港区南青山1-15-41QCcube南青山115ビル3階
  • 連絡先:03-5843-0488
  • 営業時間:【電話受付】10:00~18:00(土日祝日除く)
         【オンライン】24時間(年中無休)

OLTAは、完全オンライン化のサービスを実施している会社です。完全オンラインなので出張費などの雑費がかからないで取引ができるため、手数料が低いと言われています。面倒な書類提出はないので、簡単に素早く手続きを行いたい方におすすめです。

OLTAの公式サイトを見る

4-2:ビートレーディング

ビートレーディング
  • 運営会社:株式会社ビートレーディング
  • 所在地:東京都港区芝大門1-2-18 野依ビル3階
  • 連絡先:03-6450-1604
  • 営業時間:【電話受付】9:30~19:00(土日祝日除く)
         【オンライン】24時間

ビートレーディングは、経営コンサルティングをメインに事業展開している会社のファクタリングなので、最短即日の資金が可能となります。
買い取り額も最高3億円と高額設定なので、高額な相談でも対応してくれるのです。

業界の中でも最大手企業とされているので、高い信頼性があります。
また、取引後もアフターフォローを行ってくれるので、初めての方にもおすすめです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

4-3:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構
  • 運営会社:一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  • 所在地:東京都港区芝公園1-3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
  • 連絡先:03-6435-8727
  • 営業時間:9:30~16:00(土日・祝日除く)

日本中小企業金融サポート機構は完全非対面の郵送ファクタリングで取引を行います。日本中小企業金融サポート機構から書類を受け取り、契約書類を返送するのに1日ずつだとすると最短2日後に入金が可能なのでスピードが早いです。

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトを見る

4-4:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント
  • 運営会社:ジャパンマネジメントシステムズ株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋人形町1-10-3スクエアードコート日本橋人形町11階
  • 連絡先:03-3668-3030
  • 営業時間:9:00~19:00(日曜・祝日を除く)

東京・福岡にオフィスがあり、北海道から沖縄まで全国どこでも出張対応しています。また、会社独自の審査のため、スピーディーな審査で1日で資金調達が可能です。売掛先が倒産してもお客様が代わりに支払う必要がなく、貸し倒れリスクと売掛債権管理の軽減が図れます。

ジャパンマネジメントの公式サイトを見る

4-5:資金調達プロ

資金調達プロ
  • 運営会社:株式会社セレス
  • 所在地:東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 連絡先:080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

まとめ

今回は、家賃収入におけるファクタリングについてご紹介しました。
家賃債権と相性の良いファクタリングを利用すれば急な資金調達にも活用できます
ただし、ファクタリングでかかる手数料は決して安くはありません。先の見通しを、怠らずに上手く活用してみてください。