ファクタリング8つのメリットと1円でも高く売る2つのポイント

ファクタリング メリット

ファクタリングを使うメリットって何だろう?

上記の様にファクタリングを使うことによって、発生するメリットについてお考えではありませんか?

メリットがないサービスなんて使いたくありませんよね。
ファクタリングは資金調達方法の中でも、多くのメリットがあるのです。

今回は、ファクタリングのメリットから売掛債権を高く買い取ってもらう方法まで詳しく紹介していきましょう。

ファクタリングの利用をお悩みの場合には、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリング業界NO.1 累計申し込み金額100億円突破「クラウドファクタリング」のOLTA

1:ファクタリングの8つのメリット

ファクタリングを使うメリットが知りたい!

上記の様にお悩みの場合のために、ファクタリングを使うことで発生するメリットを全て紹介していきます。
ファクタリングを利用するメリットは8つあります。

  • かんたんに資金調達できる
  • キャッシュフローの改善につながる
  • 即日で資金調達できる
  • 審査基準が低い
  • 保証人や担保が不要
  • 信用情報へ影響しない
  • 回収義務がない
  • 極秘で利用できる

ファクタリングは銀行融資を断られたり、すぐにでも資金を回収したい場合に適した資金の調達方法です。

融資ではなく売買や譲渡にあたる行為なので、返済の義務等もありません。
では、さっそくファクタリング7つのメリットについて詳しく解説していきましょう。

1-1:かんたんに資金調達できる

ファクタリングのメリットとして、融資等に比べると簡単に資金調達することが出来る点です。

融資となると、経営状況・資産状況などの審査が必要になります。

しかしファクタリングの取引で、それらの審査は必要なく売掛先がきちんと売掛金の入金が可能かどうかを調べるだけです。
比較的、かんたんに資金を調達することが出来ます。

1-2:キャッシュフローの改善につながる

 ファクタリングを利用することで、キャッシュフローの改善に役立てることも可能です。

売掛金を売却することで、必要な資金を調達することが出来ます。

支払金の不足、急な出費がある場合に1つの方法として覚えておきましょう。

1-3:即日で資金調達できる

ファクタリングでの資金調達は、最短1日で行うことが出来ます。

直近でお金が必要という場合にも、ファクタリングなら資金調達までのスピードが速いので素早く資金を調達することが可能です。

1-4:審査基準が低い

ファクタリングは、少しの債務超過や税金の未払いがあっても審査に通りやすいというメリットがあります。

ファクタリングは売掛債権の買取が目的であり、融資では無いです。そのため、売掛金の存在が証明され売掛先の安定性が確認できれば銀行融資が通らなかった場合でもファクタリングで資金調達することが出来ます。

1-5:保証人や担保が不要

ファクタリングでの取引において、保証人や担保は不要です。

不動産を担保にしたり、連帯責任で責任を負う必要がありません。

1-6:信用情報へ影響しない

ファクタリングで売掛債権を売却しても、今後の信用情報への影響は一切ありません。

あくまでもファクタリングは、売掛債権の売買or譲渡行為とされているので会計上も負債」という扱いにはならないからです。

1-7:回収義務がない

ファクタリングには回収義務がありません。

売掛債権ごとファクタリング会社に譲渡する為、もしも売掛先が未払いで消えたり、倒産を起こしたとしても売掛債権を譲渡した利用者が責任を負う義務が無いのです。

1-8:極秘に利用できる

ファクタリングは、周囲に秘密で資金調達をすることが出来ます。

2社間での取引方法を使えば、売掛先の企業へ通知する必要が無いからです。

ファクタリング会社との2社間で取引が完了し、周囲には資金繰りが悪化していると印象を与えることなく資金を調達することが出来ます。

2:ファクタリング2つのデメリット

ファクタリングにはデメリットは無いの?

様々なメリットについて紹介してきましたが、デメリットも勿論存在します。

素早くかんたんに資金調達が出来る反面で、やはり代償を支払う必要があるのです。

ファクタリング2つのデメリットを紹介します。

  • 手数料が高い
  • 債権譲渡登記が必要なことがある

さっそく詳しく解説していきましょう。

2-1:手数料が高い

1つ目のデメリットは、手数料が高い点です。

ファクタリングはスピーディーで便利に利用する事の出来る反面で、銀行融資などに比べると手数料が高くなっています。

2つの取引方法によりかかる手数料は異なりますが、ファクタリング会社への報酬として必ず手数料を支払う必要があるのです。

  • 2社間 ➡売掛金の10%~30%
  • 3社間 ➡売掛金の1%~5%

気軽に利用する事が出来るファクタリングですが、手数料は高いと把握しておきましょう。

2-2:債権譲渡登記が必要なことがある

2つ目のデメリットは、債権譲渡登記が必要なことがあるという点です。

2社間取引では、売掛先の承諾をせずにファクタリング会社へ売掛債権を譲渡することが出来ます。しかしファクタリング会社の中にはリスクを軽減するために、売掛金の受取権利がファクタリング会社にあることを公的に証明する「債権譲渡登記」を求めることがあるのです。

債権譲渡登記を行った場合、売掛債権を譲渡したということを誰でも知ることが出来ます。売掛債権の受取権利を調べられてしまえば、売掛先にもファクタリングを行っていることが発覚してしまうのです。その時点で秘密の取引ではなくなります。

また債券譲渡登記は、実費負担となるので登記するための数万円の費用が発生するのです。利用者側からするとデメリットと言えます。

しかし、金額が大きくなればなるほどファクタリング会社も慎重になるので債権譲渡登記を求められる可能性が高いのです。
事前に把握しておきましょう。

3:ファクタリングと銀行融資手数料の違い

ファクタリング 融資 違い

ファクタリングは便利に使える分、銀行融資等に比べると手数料が高いとお伝えしてきました。

ファクタリングと、その他ビジネスローンや消費者金融では約10%もの差があるのです。

  • ファクタリング:10%~30%
  • ビジネスローン:年2%~18%
  • 消費者金融:年6%~18%

ファクタリング会社はリスク回避の意味を込めて、手数料がはるかに高く設定されています。

ビジネスローン・消費者金融、それぞれの会社ごとに手数料がどの位で設定されているのか紹介していきましょう。

3-1:ビジネスローンの手数料

ビジネスローンの手数料を銀行・信販系に分けて紹介します。

3-2:消費者金融の手数料

消費者金融の手数料を4つ紹介します。

4:売掛金を1円でも高く買い取ってもらう2つのポイント

売掛金を1円でも高く買い取ってほしい!

ファクタリングを利用する際に、少しでも高く売れたら嬉しいですよね。

売掛金を高く買取してもらうポイントはリスクを最低限に抑えるということです。
リスクを最低限に抑えるというポイントを踏まえて、2つのポイントを紹介します。

  • 3社間取引がオススメ
  • 売掛先が重要

上記2つの高く売るポイントについて詳しく紹介していきましょう。

4-1:3社間取引がオススメ

少しでも売掛債権を高く買取してほしい場合には、3社間取引がオススメです。

ファクタリング会社は3社間の方が未回収のリスクを軽減できるため、手数料が2社間よりも安くなっています。

ただし3社間取引の場合は、周囲や売掛先に資金繰りが厳しいという印象を与える事となるので注意が必要です。

4-2:売掛先が重要

手数料の高い2社間取引でも、売掛先によっては手数料を安く抑えることが出来ます。

もしも売掛先が有名大企業であれば、倒産リスクが低く未回収となる可能性が低いので手数料を安く抑えることが可能です。

手数料が安ければ安いほど、手元に入ってくる買取金額は高くなります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

5:メリットしかない!おすすめファクタリング業者5選

ファクタリングをいざ利用したい!

上記の様な場面になったら、どんなファクタリング会社を利用するか悩んでしまいます。

そのような時のために、今回はおすすめのファクタリング会社を5つ紹介しましょう。

  • OLTA
  • アクティブサポート
  • ビートレーディング
  • 資金調達プロ
  • 日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング会社の中でも評判がよく手数料も低い会社なので、安心して利用することが出来ます。

さっそく5つのファクタリング会社を紹介しましょう。

5-1:OLTA

OLTA
注目ポイント
個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!
  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

5-2:アクティブサポート

アクティブサポート
注目ポイント
柔軟な対応が特徴!簡易審査もOK
  • 株式会社アクティブサポート
  • 東京都豊島区東池袋3-9-12ニットービル9階
  • 0120-595-095

アクティブサポートは、2017年設立と運営歴は浅いものの基盤のしっかりとしたファクタリング会社です。柔軟な対応が特徴的で、希望があれば審査状況に応じて債権譲渡登記不要で利用することができます。

また、最短即日で利用することができ緊急時の資金調達にも活用することができるしょう。さらには通帳コピーと請求書を提出すれば、簡易的な審査を受けることもできます。まずは電話やメールで問い合わせてみましょう。

アクティブサポートの公式サイトを見る

5-3:ビートレーディング

ビートレーディング
注目ポイント
最短即日12時間!必要書類は3点だけでOK!
  • 株式会社ビートレーディング
  • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
  • 0120-97-9559
  • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

5-4:資金調達プロ

資金調達プロ
注目ポイント
ファクタリング会社を一括比較できる巨大ポータルサイト!無料のかんたん診断ができる!
  • 株式会社セレス
  • 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

5-5:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構
注目ポイント
郵送ファクタリングOK!中小企業のためのファクタリング会社
  • 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  • 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
  • 03-6435-8727
  • 手数料8%~20%

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人で運営されているファクタリング会社です。

中小企業の役に立ちたい」という思いから設立されており、中小企業の資金調達で強い味方となってくれます。
即日~3営業日以内に資金化することができ、郵送ファクタリングが可能です。

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトを見る

まとめ

ファクタリングのメリットについて紹介してきました。

ファクタリングは、即日で簡単に資金調達を行うことが可能です。
銀行融資を断られたり、時間がない場合には資金調達の方法としてファクタリングを利用すると良いでしょう。

ただし、ファクタリングの手数料は消して安いとは言えないません。
本当に必要かどうか見極めた上で利用するようにしてください。