資金調達を即日する方法8選!確実に当日入金させる5つのポイント

資金調達 即日

即日で資金調達する方法が知りたい。

上記のように、今すぐ資金が必要とお困りではありませんか?

経営者にとって資金調達は大きな課題ですが、銀行融資などは即日で資金調達することができません。

今すぐ資金が必要!とお困りのアナタに、即日で資金調達する方法を紹介していきましょう。

\ 資金調達プロで無料相談してみる /
資金調達プロの公式サイトを見る

1:即日で資金調達する8つの方法

事務作業 画像

即日で資金調達する方法は、全部で8つあります。

即日資金調達できる可能性の高い順に紹介していきましょう。

  1. 個人キャッシング
  2. ノンバンク系融資
  3. ファクタリング
  4. 手形割引
  5. 資産の売却
  6. 家族や知人から借入
  7. 不動産担保ローン
  8. 生命保険の解約

上記8つの中でも最も即日資金調達できる可能性が高い方法は、個人キャッシングです。

さっそく8つの方法について詳しく紹介していきましょう。

1-1:個人キャッシング

1つ目の方法は、個人キャッシングです。

個人キャッシングとは、経営者が個人的にクレジットカードのキャッシング枠を使い資金調達する方法になります。

クレジットカードのキャッシング枠が残っていれば、新しく申し込みする必要なく資金を調達することが可能です。

キャッシングをしたお金は「会社に貸付する」という形で利用すれば活用することができます。

最短1時間でキャッシングできるので、最も可能性の高い方法と言えるでしょう。

【注意ポイント】
  • 「事業性資金」の使用用途を禁止している場合がある。
  • 事業資金OKの場合でも、個人事業主向けである場合がある。

1-2:ノンバンク系融資

2つ目の方法は、ノンバンク系融資です。

ノンバンク系融資とは、個人向けカードローンを取扱う消費者金融でビジネスローンを対象とした会社からの融資のことを指します。

無担保・無保証人で利用することができ、多くのノンバンク系融資は即日資金調達することが可能です。赤字決済や税金滞納等がなければ、ほとんどの場合は即日利用ができます。事業主が利用できるノンバンク系融資を紹介しておきましょう。

法人向け
金融機関名 金利(%) 最大貸付額
ビジネクスト 3.10~18 1,000万円
MRF 4~9.9 3億円
オリックスVIPローンカード 6~17.80 1,000万円
個人事業主向け
アイフル 6~18 500万円
プロミス 6.30~17.8 300万円
アコム 12~18 300万円
【注意ポイント】
  • 銀行よりも金利が高い
  • 審査がある

1-3:ファクタリング

3つ目の方法は、ファクタリングです。

ファクタリングとは、未回収の売掛債権(請求書)をファクタリング会社に譲渡することで、支払期日よりも前に売上金を回収することができるサービスとなっています。中小企業庁でも推奨している資金調達方法で、即日資金調達が可能です。

ファクタリングには審査がありますが、主な審査対象は売掛先の経営状態となります。売掛金を回収できる経営状態なのかチェックするため、利用者側が赤字や税金を滞納している場合でも利用することが可能です。また借入ではないため、借りない資金調達方法として活用することができます。

【注意ポイント】
  • 手数料が1%~30%かかる
  • 高頻度の利用は資金繰りを悪化させる可能性がある
  • 審査に落ちることもある

www.syatyosan.com

1-4:手形割引

4つ目の方法は、手形割引です。

手形割引とは、支払い期日を約束する有価証券になります。

取引で約束手形を利用しているのであれば、約束手形を売却することで期日よりも前に代金を回収することが可能です。

手形割引業者を利用すれば、最短即日で資金調達することもできます。

【注意ポイント】
  • 手数料が1%~30%かかる
  • 審査がある
  • 銀行で手形割引をすると3日程かかる

www.syatyosan.com

1-5:資産の売却

5つ目の方法は、資産を売却する方法です。

  • 不動産
  • 自動車
  • 在庫
  • 株式

上記の様は資産を売却すれば、即日で資金調達することができます。

【注意ポイント】
  • 市場価値よりも安くなる可能性が高い
  • すぐに売れない可能性もある

1-6:家族や知人から借入

6つ目の方法は、家族や知人から借入する方法です。

友人や家族、知人などから借入できれば即日で資金調達することができます。

個人の信頼関係の上で借入をするので、審査が無く借入しやすい方法と言えるでしょう。

また金利もないので、知り合いから借りられれば有利な条件で資金調達することが可能です。

【注意ポイント】
  • 今後の関係に悪影響を及ぼす可能性がある
  • 評判を落とす可能性がある

1-7:不動産担保ローン

7つ目の方法は、不動産担保ローンです。

  • 土地
  • 建物

上記の様な不動産があれば、担保にし融資を受けることが可能です。

一般的な融資と比べ審査がスムーズで即日で資金調達することもできます。

不動産担保ローンの専門会社であれば、不動産の査定ノウハウが優れているため審査がスピーディです。

資産価値のある不動産をお持ちであれば、金利も安くオススメの方法と言えます。

【注意ポイント】
  • 即日で利用できない可能性もある
  • 不動産を持っていないと利用できない

1-8:生命保険の解約

 8つ目の方法は、生命保険の解約です。

終身保険や養老保険など、貯蓄に近い性質をもった生命保険に加入していれば、解約することで解約返戻金を得ることができます。

解約返戻金が出るタイプの生命保険であれば、即日資金調達することも可能です。

【注意ポイント】
  • 即日入金ができない可能性もある

2:即日資金調達2つの注意点

危険

即日資金調達をする上で注意してほしい点が2つあります。

今すぐに資金調達をしたいという気持ちを抑え、注意点を事前に確認しておきましょう。

上記2つの注意点について詳しく紹介していきます。今後の資金繰りにも関わる重要な注意点です。

あとで「知らなかった…」とならない為にも、事前にチェックしておきましょう。

2-1:資金調達コストに注意

1つ目の注意点は、資金調達コストです。

ファクタリングやビジネスローンは高い確率で即日資金調達することができます。

しかし高確率で利用できる代わりに、手数料や金利が高いというデメリットがあるのです。資金調達にかかるコストが大きければ大きいほど、資金繰りが悪化するリスクがあります。すぐに使えて便利ですが、多用せず短期的なキャッシュフローの改善として利用するようにしましょう。

長期的な資金調達が必要であれば、銀行から融資や助成金・補助金などを検討してみて下さい。

2-2:赤字起業は注意

2つ目の注意点は、赤字企業の場合です。

即日資金調達ができる方法の多くは審査があります。いずれも銀行よりも審査のハードルが低いものとなりますが、審査は審査です。

ノンバンク系融資も利益を目的としてビジネスをしているため、返済ができないリスクが高い相手には融資を行いません

そのため赤字企業や税金を滞納している場合には、審査落ちする可能性があるのです。

資金調達前に経営状況が悪い場合は、審査のないファクタリングや手形割引等を検討してみてください。

3:1秒でも早く資金調達する5つのポイント

電球 イラスト

上記のように、確実に即日資金調達するポイントが知りたいとお考えではありませんか?

即日で資金調達をするには、それなりの準備が必要です。

1秒でも早く資金調達をするために、5つのポイントを紹介します。

  • 即日融資可能の記載をチェック
  • 必要書類は事前に準備
  • 午前中に申し込む
  • スピード順に申し込む
  • 同時進行で申し込む

上記5つの順にポイントを紹介していきましょう。

3-1:即日融資可能の記載をチェック

1つ目のポイントは、即日融資可能の記載をチェックする点です。

「即日OK」と記載されている資金調達方法には、大きく分けて2つの種類があります。

  • 即日審査回答OK
  • 即日融資OK

上記2つのうち、アナタは選ぶべきは「即日融資OK」です。

即日審査回答OKの場合、審査の回答は即日だが入金は翌日という可能性があります。

あくまで即日入金を希望する場合には、ホームページに即日融資OKという記載が明記されているか確認する必要があるのです。

3-2:必要書類は事前に準備

2つ目のポイントは、必要書類は事前に準備するという点です。

キャッシングや友人・家族からの借入以外は、ほとんどの場合で書類を提出する必要があります。

  • 2期分の決算書
  • 謄本
  • 本人確認書類

資金調達をする上で、上記3つの書類はすぐに提出できるようにしておきましょう。

即日資金調達をする場面で、必要書類を準備していないが為にタイムロスをする可能性があります。インターネットから提出するタイプであれば、アップロードできる状態にまで準備しておきましょう。慌ててバタバタしないよう事前の準備が必要です。

3-3:午前中に申し込む

3つ目のポイントは、午前中に申し込むという点です。

資金調達において、無条件でお金を貸してくれる所はありません。

ある程度の審査や書類のチェックが必要で、それなりに時間を要するのです。

多くの金融機関等では「〇〇時までに申し込みで当日中の入金が可能」と明記されています。

消費者金融 申込時間

確実に即日入金してもらうためにも、午前中に申し込むようにしましょう。

3-4:スピード順に申し込む

4つ目のポイントは、スピード順に申し込むという点です。

即日資金調達の確率をアップさせるためにも、スピードが早い順に申し込んで行きましょう。

「確率アップなら同時に申し込めばよいのでは?」とお考えになる方が多いですが、消費者金融の利用はすべて信用情報期間に登録されます。

そのため同時に申し込めば「この人よっぽど金に困っているんだな」と警戒視され、危険など思われてしまう可能性が高いのです。

悪い印象を与えないためにも、1つずつ申込をする様にしましょう。

3-5:同時進行で申し込む

5つ目のポイントは同時進行で申し込む方法です。

ビジネスローン等の審査は、複数社に申し込んでも全ての審査に落ちる可能性があります。ノンバンク系融資の審査に落ちてしまったら、ファクタリング手形割引家族や知人からの借入を同時進行で行いましょう。

ファクタリング、手形割引、家族や知人からの借入は同時進行で行っても問題はありません。

どれか1つでもヒットするように、同時進行で申し込みをすると効率よく資金調達することが可能です。

まとめ

即日で資金調達する方法について紹介してきました。

事業主が即日資金調達する方法は全部で8つです。

あなたのニーズに合わせて資金調達方法を選んでみて下さい。