【初心者向け】ファクタリングとは?最短1日で資金調達できる方法

ファクタリング とは

ファクタリングって何?

上記の様にファクタリングについて、詳しく知りたいとお考えですよね。

ファクタリングとは、売掛金を早期回収する手段の1つです。

売掛金の回収は企業にとって、大きな課題であり回収できないというリスクがあります。
そんなリスクを回避する事ができるのが、ファクタリングです。

今回はファクタリングについて詳しく解説していきます。

\ 資金調達プロで無料相談してみる /
資金調達プロの公式サイトを見る

1:ファクタリングとは?初心者でも判る簡単解説

ファクタリングって何だろう?

ファクタリング」というコトバ自体は聞いたことがあるけれど、内容について全く分からないと困っているのではありませんか。

ファクタリングを簡潔に言うと、売掛金の未回収を防ぎ現金を調達する方法です。

初心者でも分かるように、詳しく丁寧に解説していきましょう。

1-1:ファクタリング概要

ファクタリングとは、売掛金が未回収になるリスクを回避し現金を早期回収する方法です。

サービスや商品を先に提供し、代金を後から回収する取引は掛取引と呼ばれます。いわゆるツケ(売掛金)での支払いです。

しかし掛取引は、売掛金の回収が遅れたり、代金を払うはずの企業が倒産したりすると回収できないリスクがあります。

売掛金が未回収になるリスクを防ぐために、ファクタリング会社を通して売掛債権に保険をかけたり、買い取ってもらうことで現金を調達することが出来る方法です。

また早急に現金を調達したい場合などにも、後から入る予定のお金を先に回収する方法としても活用されることがあります。

OLTA

2:ファクタリング2つの種類

ファクタリングには2つの種類があります。

売掛金を回収する目的や状況に合わせて、利用するファクタリングの種類を選ぶようにしましょう。

上記2種類のファクタリングについて詳しく解説していきます。

2-1:買取ファクタリング

買取ファクタリングは、売掛金を早期回収したい場合に使います。

売掛債権をファクタリング会社に売却することで、手数料が引かれた額を受け取ることが可能 です。
売掛先の信用力が審査の基準となるため、担保提供が必要なく中小企業でも審査に通りやすいという特徴があります。

2-2:保証ファクタリング

保証ファクタリング資金回収を目的とせず、保険の様なサービス内容になっています。

たとえば信用力に乏しい企業との取引で、売掛金の回収ができない可能性があり貸し倒れのリスクがある場合に利用することが多いです。

内容は、ファクタリング会社が売掛先企業の信用調査をし保証枠を決めます。
その保証枠の金額内であれば、もしも取引先が倒産してもファクタリング会社から保証金を受け取ることが可能 です。

未回収資金の回収に時間がかかる事が多いので、早期回収等したい場合には向いていません。
あくまで貸し倒れになる可能性がある場合に、保険をかける意味合いで使われることが多いのです。

OLTA

3:買取ファクタリング2つの取引方法

ファクタリングには、主に2つの種類があるとお伝えしました。

2種類の中の買取ファクタリングには、2つの取引方法があり取引方法を選ぶことが可能です。

  • 2社間
  • 3社間

上記2つの取引方法は、希望する状況に合わせて使い分けることが出来ます。

どの様な基準で選べばいいのか、簡潔にお伝えしましょう。

  • 2社間➡取引先に知られずに、手っ取り早く売掛金が回収できる
  • 3社間➡手数料を安く抑えて、手間なく売掛金が回収できる

上記2つの取引方法について詳しく解説していきます。

どっちの方法で取引をしようかお悩みであれば、ぜひ参考にしてみてください。

3-1:2社間とは

ファクタリング 2社間

2社間での取引とは、利用者(あなたの会社)とファクタリング会社の2者で完結する取引方法です。

  • 早急に資金を回収したい
  • 取引先に知られたくない

上記の様な場合には、2社間がオススメです。

2社間は、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、売掛債権の買取代金を前払いで受け取ることが出来ます。
その後に売掛先より売掛金の支払いが行われたとき、ファクタリング会社に回収した売掛金を支払うのです。

2社間は、売掛先(取引先)に知られることなくスピーディーに資金を調達することが出来ます。
取引先への連絡は不要なので、取引関係に悪影響を与える心配もないのです。

すぐに売掛金を回収できる一方で、ファクタリング会社に支払う手数料は「3社間」よりも高くなる傾向があります。

3-2:3社間とは

ファクタリング 3社間

3社間での取引とは、利用者(あなたの会社)とファクタリング会社・売掛先企業の3者で行う取引方法です。

  • 少しでも高く買取ってほしい
  • 倒産・債務不履行(さいむふりこう)を防ぎたい

上記の様な場合には、3社間がオススメです。

3社間は、3社の合意のもとで債権譲渡を行います。
譲渡後は「取り立て」「回収」「リスク」などは全てファクタリング会社へ引き継がれるのです。
3社間は手数料を安く抑えられる反面で、売掛先企業との段取りや債権譲渡に関する資料等の作成が必要になるので手間がかかります。

また、売掛先企業へ債権譲渡の承諾を得ることになるので、資金繰りに苦しいという印象を与える可能性も高いです。

OLTA

4:ファクタリング4つのメリットと4つのデメリット

ファクタリングを利用するにあたり、メリット・デメリットは何なのか?

メリットとデメリットは利用する前に、必ず確認しておきたい所ですよね。
ファクタリングを利用する事で、キャッシュフローの改善が出来たりとメリットが大きい分、デメリットも必ず発生してきます。

利用する前に、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット
① 最短1日で資金調達が可能
② 金利が発生しない
③ 担保や保証人が必要ない
④ 取引先に知られずに済む

デメリット
① 手数料が割高
② 売掛金範囲内でしか資金調達できない
③ 債権譲渡登記をする場合がある
④ 悪徳業者が存在する

さっそく詳しく紹介していきましょう。

4-1:4つのメリット

4つのメリットを詳しく紹介していきます。

4-1-1:最短1日で資金調達が可能

ファクタリング最大のメリットとして、最短1日で資金調達できる事が挙げられます。

銀行融資の場合は、早くても手元にお金が入るまで1ヶ月はかかるでしょう。

しかし、ファクタリングの場合はスピードが早く最短1日で資金調達が可能です。

4-1-2:金利が発生しない

ファクタリングでの資金調達は融資ではないため、金利や返還義務が発生しません。

既に発生している売上金を、ファクタリング会社から先にもらうだけのため、金利は一切発生しないのです。

4-1-3:担保や保証人が必要ない

ファクタリングでは、資金調達にあたり担保や保証人が一切必要ありません。

銀行からの融資の場合、ほぼ必要になる担保・保証人ですがファクタリングでは、それらを用意する心配が要らないのです。

4-1-4:取引先に知られずに済む

2社間のファクタリング取引方法であれば、資金調達を行っていることが取引先に知られずに済みます。

取引先が資金面で不安になることも防ぎ、資金調達することが出来るのでメリットと言えるでしょう。

4-2:4つのデメリット

4つのデメリットについて紹介します。

4-2-1:手数料が割高

ファクタリング最大のデメリットは、手数料が割高という点です。

銀行は年間で数%の金利設定ですが、ファクタリングの場合2%~25%前後かかる場合があります。
手数料に関しては業者により異なりますが、銀行融資よりも割高になるケースが非常に多いです。

4-2-2:売掛金範囲内でしか資金調達できない

ファクタリングは、売掛金の範囲内でしか資金調達を行うことが出来ません。

売掛金以上の資金調達を行いたくても、売却する売掛金以上の金額を調達することは不可能です。

4-2-3:債権譲渡登記をする場合がある

2社間での取引方法を選択した場合、ファクタリング会社によってはリスク軽減のために債権譲渡登記をする場合があります。

債権譲渡登記とは、ファクタリング会社が第三者に債権を買い取った権利を主張するための証明です。
3社間の場合は、売掛先に承諾を得るので不要です。

しかし、承諾を取らずに取引する2社間の場合では、債権譲渡登記が発生する場合があります。

4-2-4:違法業者が存在する

残念ながらファクタリング会社の中には違法業者が存在します。

ファクタリング自体、営業許可や免許・登録などの規制が設けられていないのです。
その為、資金さえあれば誰でもファクタリング業務を始めることが出来ます。

その人物が、暴力団関係者でも違法業者でもファクタリング会社を行うことが可能です。
ご自身の目で優良会社か悪徳業者を見極める必要性があります。

OLTA

5:違法業者に気をつけろ!契約時6つの注意点

ファクタリングの違法業者についてご存知ですか?

ファクタリングを検索エンジンで検索すると、関連キーワードで「違法」と出てきます。
ファクタリング自体は違法ではないものの、違法行為を行っている業者が実際に存在するのです。

危険な違法業者に引っかからないよう、6つの注意点について紹介していきます。

  • 電話番号に注意
  • 手数料が異常に高い
  • 手数料が異常に安い
  • 手数料をはっきり明確にしない
  • 契約書の内容が違う
  • 契約書をくれない

5-1:電話番号に注意

1つ目の注意点として電話番号に気を付ける必要があります。

違法業者は、荒稼ぎした後に突然と姿を消せる様に特定の営業所を設けていないケースが多いです。
その為、固定電話ではなく携帯電話から営業をかけることがあります。

携帯電話番号から営業の電話が来たら、まず怪しいと考える様にしましょう。

5-2:手数料が異常に高い

2つ目の注意点は手数料が異常に高い場合です。

一般的な手数料は15%~20%ほどになります。

どんなに条件が良くても手数料が30%以上ある場合は、手元に残る資金が少なくなってしまい損をすることになるでしょう。
条件が良くても、手数料は15%~20%ほどのファクタリング会社を選ぶようにします。

5-3:手数料が異常に安い

3つ目の注意点は手数料が異常に安い場合です。

2社間での取引で、5%ほどの異常に安い手数料の場合には注意をしましょう。

通常、2社間での取引の場合はファクタリング業者のリスクが高いため手数料は割高に設定されます。
手数料が異常なほど安いファクタリング会社は、手数料以外で利益を生みだそうとする可能性がある為、注意が必要です。

5-4:手数料をはっきり明確にしない

4つ目の注意点は手数料を明確にしない場合になります。

契約をするまで、手数料をはぐらかし教えてくれない場合には注意が必要です。
いざ契約後に聞いてみたら、手数料が異常に高額である可能性があります。

優良なファクタリング会社であれば、契約前に必ず教えてくれるはずです。

事前に手数料が確認できないファクタリング会社は、利用しない様にしましょう。

5-5:契約書の内容が違う

5つ目の注意点は契約書の内容が違う場合です。

口頭で説明を受けていた内容と、契約書の内容が異なる可能性があります。

必ず隅々まで内容を確認することが必要です。

5-6:契約書をくれない

6つ目の注意点は契約書をくれない場合です。

具体的な話を進める前に、必ず契約書を残す必要があります。

何かトラブルが発生した際に、契約書が手元にないと不利になる可能性が高いからです。

OLTA

6:最短即日で利用できるファクタリング業者TOP5

最短1日で資金調達したい!

上記のようにお考えの場合のために、最短即日で資金調達が出来る5社のファクタリング業者を紹介していきましょう。

  • アクセルファクター
  • 事業資金エージェント
  • OLTA
  • PMG
  • アクティブサポート

上記5つの中でもおすすめはアクセルファクターです。

業界トップクラスのスピ―ドで資金調達をすることができます。

審査通過率も高く、他で断られてしまった場合でも利用することができる可能性が高いのです。

6-1:アクセルファクター

アクセルファクター
注目ポイント
業界最速スピードでキャッシュフローの改善に役立つ!
  • 株式会社アクセルファクター
  • 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F
  • 0120-542-471

アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でもスピードが速いと評判のファクタリング会社です。手数料は2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。

また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。最短即日で利用することのできる優良店と言えます。

アクセルファクターの公式サイトを見る

6-2:事業資金エージェント

事業資金エージェント

注目ポイント
手数料1.5%の業界最安水準
  • 株式会社モンキーパッド
  • 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
  • 03-5473-3555

事業資金エージェントは、業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。

業界最安水準の1.5%~利用することができ、500万円までの申込なら来店・面談の必要がありません。最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。また、最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。

まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。

事業資金エージェントの公式サイトを見る

6-3:OLTA

OLTA
注目ポイント
個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!
  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

6-4:PMG

PMG
注目ポイント
スマホで撮って送るだけ!かんたん資金調達
  • ピーエムジー株式会社
  • 東京都新宿区新宿2-12-8-7-F
  • 0120-901-680
  • 手数料3%~8%

ピーエムジー株式会社(PMG)は、業界の中でも最高水準のサービスを提供し続けているファクタリング業者です。

平均3日での資金調達が可能で、利用者の都合に合わせて柔軟な対応をとってもらえる特徴もあります。さらには常に大口の資金を確保しているため、資金化までのレスポンスが非常にスピーディーな会社なのです。大阪にも支店があるため、全国どこからでも利用することができます。

請求書をスマートフォンで撮って送るだけで、ファクタリングを利用することができる「資金調達ペイ」というサービスも魅力的で時短の資金調達が可能です。まずはスピード査定で気軽に問い合わせてみましょう。

PMGの公式サイトを見る

6-5:アクティブサポート

アクティブサポート
注目ポイント
柔軟な対応が特徴!簡易審査もOK
  • 株式会社アクティブサポート
  • 東京都豊島区東池袋3-9-12ニットービル9階
  • 0120-595-095

アクティブサポートは、2017年設立と運営歴は浅いものの基盤のしっかりとしたファクタリング会社です。柔軟な対応が特徴的で、希望があれば審査状況に応じて債権譲渡登記不要で利用することができます。

また、最短即日で利用することができ緊急時の資金調達にも活用することができるしょう。さらには通帳コピーと請求書を提出すれば、簡易的な審査を受けることもできます。まずは電話やメールで問い合わせてみましょう。

アクティブサポートの公式サイトを見る

OLTA

まとめ

 ファクタリングについて詳しく解説してきました。

ファクタリングを利用する事で、売掛金が回収できないリスクを回避することが可能です。
早めの段階で売掛金を回収することができ、キャッシュフローの改善にも役立てることが出来ます。

ファクタリングには2つの種類があるので、自社の状況に合わせて取引方法等を選ぶと良いでしょう。
くれぐれも違法業者には注意する必要があることを、覚えておいてください。 

OLTA