意外と不便?ファクタリングを銀行系で利用するメリットとデメリット

ファクタリング 銀行

銀行系ファクタリングってどうなの?

ファクタリングを利用しようか悩んだ際に、銀行系ファクタリング会社とお悩みではないでしょうか。銀行系ファクタリングは、民間のファクタリング会社と比べて安心感があり手数料も安く利用することが出来ます。

しかし結論からお伝えすると、銀行系ファクタリング会社では経営者のニーズにお応えすることは出来ないことが多いでしょう。実用性が薄く、経営者からすればリスクが大きくなることが考えられます。今回は、銀行系ファクタリングについて詳しく紹介していきましょう。

また、民間のファクタリング会社がおすすめである理由についても解説していきます。

1:銀行系ファクタリング会社とは?3つの銀行系子会社

銀行系ファクタリング会社って何?銀行でファクタリングをやっているの?

上記のように、そもそも銀行「系」って何だろうとお思いではないでしょうか。

銀行系ファクタリング会社とは、銀行が100%出資している小会社のことを銀行系ファクタリング会社と言います。今では三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行などの三大メガバンクもファクタリングサービスを提供しているのです。

三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行それぞれのファクタリングサービスについて紹介していきます。

1-1:三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクター
  • 親会社:三菱UFJ銀行
  • 小会社:三菱UFJファクター株式会社
  • 営業時間:平日9:00~17:00

三菱UFJファクター株式会社は、三菱UFJ銀行が100%出資している小会社です。

世界的な総合金融グループでもある三菱UFJ銀行の信用力を売りとしており、安心した資金調達をお行うことができます。さらに三菱UFJファクターでは、与信管理をトータルサポートしてくれる特徴があるのです。

専門的な知識や経験が必要となる与信管理にかかる手間や人件費を削減することができ、安心して任せることができます。

また三菱UFJファクターでは、買取ファクタリングだけでなく保証ファクタリング・国際ファクタリングを利用することが可能です。

三菱UFJファクターの公式サイトを見る

1-2:みずほファクター株式会社

みずほファクター
  • 親会社:みずほ銀行
  • 小会社:みずほファクター株式会社
  • 営業時間:平日9:00~17:00

みずほファクターは、みずほ銀行が100%出資している小会社です。

「お客様からもっとも信頼され、最初に相談される会社」を目指し、総合的なサービス充実・強化に努めています。また、2019年6月にはみずほファクターが提供する国際ファクタリング業務が高く評価され「2019年度アジア・パシフィック地域の最優秀輸出入ファクター賞」を受賞している実績のある会社です。

さらにみずほファクターでは、国際ファクタリングだけでなく回収保証・買取ファクタリング・電子債権決済サービスを提供しています。

みずほファクターの公式サイトを見る

1-3:SMBCファクター株式会社

SMBCファクター
  • 親会社:三井住友銀行
  • 小会社:SMBCファクター

SMBCファクターは三井住友銀行が100%出資している小会社です。

ファクタリングによるリスクヘッジや、オフバランス化・工事請負債権等のさまざまなニーズに対応してもらうことができます。

さらに買取ファクタリングだけでなく、ポートフォリオ型ファクタリング・建設債権保証ファクタリング・下請債権保全支援事業保証ファクタリングなどを利用することが可能です。

SMBCファクターの公式サイトを見る

2:銀行系ファクタリング!3つのメリットと4つのデメリット

銀行系ファクタリングの方が、民間のファクタリング会社より良いのでは?

上記のようにお考えであれば、銀行系ファクタリングのメリット・デメリットについて把握をしておきましょう。

銀行系ファクタリングには、3つのメリット4つのデメリットがあります。

  • メリット
    ① 手数料が安い
    ② 安心して利用できる
    ③ 取扱い種類が豊富
  • デメリット
    ① スピードが遅い
    ② 2社間取引に未対応
    ③ 審査が厳しい
    ④ 融資が受けづらくなる

上記3つのメリットと4つのデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

銀行系ファクタリングを検討中の場合には、ぜひメリットとデメリットをチェックしておいてください。

2-1:3つのメリット

銀行系ファクタリング3つのメリットを紹介します。

① 手数料が安い

銀行系ファクタリング最大のメリットは、手数料が安いという点です。ファクタリングは、母体が大きければ大きいほど手数料が安くなるという特徴があります。メガバンクであれば、平均2.0%以下の手数料で取引することができます。(2019/10/25 自社調べ)

② 安心して利用できる

銀行系ファクタリングは、何より安心して利用することが可能です。母体が全国的に信頼度の高い銀行であり、企業としての信用力は抜群に良いでしょう。さらに銀行系ファクタリングは貸金業者の登録をしており、安心感のある要素が沢山備わっています。

www.syatyosan.com

③ 取扱い種類が豊富

銀行系ファクタリング会社は、民間のファクタリング会社が取り扱っていないような種類のファクタリングを利用することが可能です。例えば国際ファクタリング・保証ファクタリングなど、専門的知識が必要となるレアな売掛債権も早期資金化することができます。

2-2:4つのデメリット

銀行系ファクタリング会社4つのデメリットを紹介します。

① スピードが遅い

銀行系ファクタリング会社、最大のメリットとも言えるのがスピードです。銀行系ファクタリング会社は、とにかく慎重に審査を行います。経営状態をチェックし売掛先の回収リスク等も徹底的に調査するのです。その為、民間のファクタリング会社であれば即日で資金調達できるものが2~3週間くらいかかります。経営者が実用的に使用する事は出来ないと判断することができるでしょう。

② 2社間取引に未対応

銀行系ファクタリング会社は、2社間取引に未対応です。

2社間取引と言えば、スピ―ドが早く誰にもバレずに資金調達できるメリットがあります。しかし貸金業登録をしている銀行系ファクタリング会社は、高い手数料が必要となる2社間取引に参入できずにいるのです。ファクタリングに貸金業登録は今のところ必要ありませんが、貸金業法に該当するのか曖昧という点があります。この部分がハッキリしないと15%以上の手数料を取ってしまった場合、貸金業法に抵触してしまうのです。そのため銀行系ファクタリング会社は、今のところ2社間取引に対応していません。

③ 審査が厳しい

銀行系ファクタリング会社は、民間のファクタリング会社と比べて審査が厳しいという特徴があります。手数料が安い分、審査は入念に厳しくされるということです。ただし銀行ファクタリングは、単発的な利用を前提としていません。継続的に利用することを大前提として審査しているので、一度審査に通過すれば2回目以降はスムーズに利用することが可能です。

④ 融資が受けづらくなる

銀行系ファクタリング会社でファクタリングを利用するということは、親会社に「資金繰りが悪いです。経営状態が良くありません。」と宣言しているようなものです。ファクタリングを利用すれば、もちろん親会社にもファクタリングを利用したという情報が流れ今後の融資に悪影響を与える可能性があります。利用時には、今後の資金繰りも考え十分に注意する必要があるのです。

3:銀行系より民間がおすすめな理由!優良な民間業者5選

銀行系ファクタリング会社よりも、民間のファクタリング会社がおすすめと冒頭でお伝えしました。ファクタリングを利用しようと考えた際に、下記5つのように感じるのであれば民間のファクタリング会社が圧倒的におすすめです。

  • 銀行(親会社)に知られたくない
  • すぐにでも現金が必要
  • 売掛先(取引先)に内緒にしたい
  • 来店している時間がない
  • 堅苦しいのは嫌だ

上記5つの様に考えるのであれば、実用性の高い民間のファクタリング業者をおすすめします。スピーディで取引先にも内緒で資金調達することができます。今回は民間のファクタリング業者の中でも、優良なファクタリング業者を5つ紹介しましょう。

  • (1)OLTA
  • (2)ビートレーディング
  • (3)日本中小企業金融サポート機構
  • (4)ジャパンマネジメント
  • (5)資金調達プロ

上記5つの中でもおすすめはOLTAです。最短即日で資金調達することができ、手数料も最大9%で抑えることができます。

上記5つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきましょう。

3-1:OLTA

OLTA
注目ポイント
個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!
  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

3-2:ビートレーディング

ビートレーディング
注目ポイント
最短即日12時間!必要書類は3点だけでOK!
  • 株式会社ビートレーディング
  • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
  • 0120-97-9559
  • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

3-3:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構
注目ポイント
郵送ファクタリングOK!中小企業のためのファクタリング会社
  • 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  • 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
  • 03-6435-8727
  • 手数料8%~20%

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人で運営されているファクタリング会社です。

中小企業の役に立ちたい」という思いから設立されており、中小企業の資金調達で強い味方となってくれます。
即日~3営業日以内に資金化することができ、郵送ファクタリングが可能です。

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトを見る

3-4:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント
注目ポイント
出張買取OK!経営ノウハウが得られる!
  • 株式会社ラインオフィスサービス
  • 福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8階
  • 0120-258-076
  •  手数料3%~

ジャパンマネジメントは、福岡に本社を構えるファクタリング会社です。

 東京にも支店があり、首都圏でも利用することが出来ます。
さらに出張買取に対応しているので、全国どこからでも利用することが可能です。

またファクタリング取引だけではなく、資金調達後の経営アドバイスまでサポートしてもらうことが出来ます。
資金調達だけでなく、経営アドバイスを求めている場合にはオススメのファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントの公式サイトを見る

3-5:資金調達プロ

資金調達プロ
注目ポイント
ファクタリング会社を一括比較できる巨大ポータルサイト!無料のかんたん診断ができる!
  • 株式会社セレス
  • 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

まとめ

銀行系ファクタリング会社について、詳しく紹介してきました。

銀行系ファクタリング会社は、何より絶大な信頼感があり安心して利用することが可能です。さらにサポート体制も充実しており、手数料を安く抑え利用することが出来ます。ただしスピード面や柔軟性においては、民間のファクタリング業者の方がおすすめです。今すぐに現金が必要という経営者の想いを叶えるには、民間のファクタリング業者の方が実用的に活用することができるでしょう。