人気急上昇!?ファクタリングの便利な仕組みと2つの種類を徹底解説

ファクタリング

ファクタリングって何?うちの会社でも活用できるかな?

上記のようにファクタリングについて詳しく知りたいと、お考えではないでしょうか。

ファクタリングとは売掛債権を使った、早期資金調達方法です。企業において、売掛金の未回収は避けたいリスクですよね。ファクタリングを利用すれば、未回収リスクを回避したりキャッシュフローの改善に役立てることができます。

  • 資金繰りの改善にも使える?
  • 安心して利用できるサービス?
  • 違法性は無いのかな?

上記の様な不安な悩みも、マルっと解決していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:ファクタリングの仕組みと2つの種類

ファクタリングって、どんなサービス?

上記のようにファクタリングの基礎から把握しておきたい場合には、この章でサクッと解決してしまいましょう。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社が買取することです。利用者は譲渡(売却)した売掛債権額に応じた買取金額を受け取ることが出来ます。ファクタリングを利用することで、期日よりも前に売掛金を回収することができ、未回収リスクを防ぐことが可能です。ファクタリングは中小企業を中心に、今ぐんぐん人気が高まっている資金調達方法になります。

そんなファクタリングには2つの種類があるのです。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

ファクタリングを利用する際には、どちらの種類で取引をするのか自由に選ぶことができます。(取扱いがあれば)

2つの種類は、スピード・リスク・買取金額に大きな違いがあり、利用目的に応じて取引方法を選ぶ必要があるのです。

2つの種類について、詳しく紹介していきましょう。

1-1:2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社の2社で取引をする方法です。

売掛先(取引先)に売掛債権を譲渡したとバレずに利用することができ、今後の取引関係に悪影響を与える心配がありません。また2社間ファクタリングは、手続きスピードが早く最短即日で資金調達することが可能です。

そんな2社間ファクタリングの取引方法について、詳しく紹介していきましょう。

2社間取引
  • ① 商品やサービスを提供(売掛債権が発生)
  • ② ファクタリング会社へ申込む
  • ③ 売掛債権の買取金額を入金
  • ④ 期日通りに売掛金が入金
  • ⑤ 売掛金をファクタリング会社へ送金

上記の手順で2社間ファクタリングは手続きを行います。ファクタリング会社と売掛先は、一切かかわらないのでバレる心配をする必要は無いのです。ただし2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べ手数料が高いというデメリットがあります。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社が背負う未回収リスクが高いため手数料が割高に設定されているのです。詳しい手数料については、後ほど詳しく紹介します。2社間ファクタリングを利用すべき人は、以下の様な状況に置かれている場合です。

  • 今すぐ現金が必要!手数料よりスピードを重視したい。

上記の様な場合には、2社間ファクタリングを利用すると良いでしょう。

1-2:3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社・売掛先の3社間で取引をする方法です。3社間ファクタリングの場合、売掛債権譲渡を売掛先に通知し承諾を得る必要があります。売掛先からの信用を失ったり、今後の取引関係に悪影響を及ぼす可能性があるので利用する際には注意が必要です。そんな3社間ファクタリングでの取引方法を紹介しましょう。

3社間取引
  • ① 商品やサービスを提供(売掛債権が発生)
  • ② ファクタリング会社へ申込む
  • ③ 売掛債権譲渡通知の送付・承諾
  • ④ 売掛債権の買取金額を入金
  • ⑤ 支払期日:売掛金をファクタリング会社へ入金

3社間ファクタリングの場合、売掛先は売掛金をファクタリング会社へ直接入金する事になります。未回収リスクを防ぐことができる取引方法なので、2社間ファクタリングよりも手数料を安く利用することが可能です。ただし3社間ファクタリングにスピード性はありません。売掛債権譲渡通知し承諾を得る必要があるので、平均3営業日~1週間前後の時間がかかるのです。

3社間ファクタリングを利用すべき人は、以下の様な状況に置かれている場合です。

  • 売掛先とは強固たる信頼関係を築けているから、3社間でも問題ない
  • スピードよりも手数料を安く抑えて資金調達したい

上記の様な場合には、3社間取引を利用すると良いでしょう。

2:どちらが安い?ファクタリングの手数料

ファクタリングの手数料について、3社間ファクタリングの方が安いと1章で紹介してきました。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを比べると、圧倒的に手数料は3社間の方が安いです。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの手数料相場について、紹介しましょう。

  • 2社間ファクタリング:10%~30%
  • 3社間ファクタリング:1%~5%

上記のように圧倒的に差があります。なぜこんなにも違うのか、理由はリスクの高さが原因です。詳しく解説していきましょう。

2-1:2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングの平均的な手数料相場は、10%~30%です。(2019/10/29自社調べ)

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社と売掛先が接触しないためリスクが高い取引方法とされています。売掛金が支払われなかったり、利用者が売掛金を横領してしまう可能性があるからです。未回収リスクが高いため、2社間ファクタリングは手数料が高く設定されています。

スピード面においては圧倒的に2社間ファクタリングが早いです。どちらのメリットを取るかで、利用したい取引方法を選ぶようにしましょう。

2-2:3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングの平均的な手数料相場は、1%~5%です。(2019/10/29自社調べ)

3社間ファクタリングは、売掛先から直接売掛金を回収できるため未回収リスクが低いとされています。そのため2社間ファクタリングよりも、3社間ファクタリングの方が手数料が安く利用することが可能です。ただし3社間取引では、売掛先へ債権譲渡通知を行う必要があります。

売掛先に債権譲渡することが発覚することで資金繰りが悪いのでは?」「倒産するの?という風評被害を受ける可能性があるでしょう。

手数料を安く抑えるのか、今後の取引に影響しない方を選ぶのか、きちんと考える必要があります。

www.syatyosan.com

3:ファクタリングに違法性はない!理由と勘違される原因

  • ファクタリングって違法なのでは?
  • ファクタリングって怪しい・・・

上記の様なイメージを抱いている方も多くいるでしょう。

しかしファクタリングの取引自体は、まったく違法性はなく法律的にも何ら問題のない資金調達方法なのです。

そんな風に言われても納得できない!という場合のために、違法ではない理由について紹介していきます。

理由はとても単純でファクタリングは、売掛債権の売買契約・譲渡に該当するからです。さっそく詳しく解説していきましょう。

www.syatyosan.com

3-1:違法ではない理由

ファクタリングは貸金業者ではありません。

第二条 この法律において「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によってする金銭の交付又は当該方法によってする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業として行うものをいう。 引用元:貸金業法|電子政府の総合窓口 イーガブ

ファクタリングは、売掛債権を買取り、その対価としてお金を支払っているのです。

法律で考えると、ファクタリングは売買契約もしくは債権譲渡に該当します。そのため、貸金業許可を取る必要もないのです。

ではなぜインターネット上でファクタリングと検索すると「違法」という言葉がでてくるのかというと、ファクタリング会社の中にはファクタリングを装った悪質な会社が存在するからです。実質的な運営体制は、決してファクタリングではなくヤミ金融業者の様な取引を持ち掛けてきます。そういった一部の悪質な業者が存在するため、ファクタリング全体が「違法なのでは?」というイメージを持たれてしまっているのです。

優良なファクタリング会社を利用すれば、便利な資金調達方法として違法性なく活用していくことができます。

www.syatyosan.com

4:ファクタリングを使うメリットとデメリット

他の資金調達方法を差し置いて、ファクタリングを利用すべきメリットは無いのかな?

新しい方法を利用しようと考えた際に、そのサービスのメリットやデメリットが知りたいと感じますよね。ファクタリングにも勿論、メリットとデメリットが存在します。他の資金調達方法と比べながら、ファクタリングのメリット・デメリットについて事前に把握しておきましょう。

  • メリット
    ① 経営状態が悪くても利用できる
    ② スピードが早い
    ③ 誰にもバレない
  • デメリット
    ① 手数料が高い
    ② 返済実績を作れない

上記3つのメリットと2つのデメリットについて紹介していきましょう。

4-1:3つのメリット

① 経営状態が悪くても利用できる

ファクタリングは利用者の経営状態が悪くても利用することができます。銀行融資の場合、経営状態が悪いなんてもってのほかですよね。しかしファクタリングは融資ではなく、売掛債権の譲渡・売却になります。審査はありますが、審査対象は売掛先の経営状態です。売掛先に返済能力があるのかチェックされるのであって、利用者は例え赤字経営の状態でも問題ありません。このように本当に資金が必要で焦っている経営者でも、気軽に利用することが可能です。

www.syatyosan.com

② スピードが早い

ファクタリングはスピードが早いというメリットがあります。銀行融資の場合、最低でも1ヶ月以上は資金調達まで時間がかかるでしょう。さらに補助金・助成金であれば、準備期間も含めて1年は欲しいところです。しかしファクタリングなら、必要書類も少ないので最短1日で資金調達することができます。今すぐ現金が必要!という中小企業の願いも叶える実用性の高い資金調達方法です。

www.syatyosan.com

③ 誰にもバレない

ファクタリングは2社間ファクタリングを利用すれば、誰にもバレずに利用することができます。「資金繰りが悪いと取引先に知られたくない・・・」「社員を不安にさせたくない・・・」という場合にも、ファクタリングを利用すれば誰にも知られずキャッシュフローの改善に役立てることが可能です。

4-2:2つのデメリット

① 手数料が高い

ファクタリング最大のデメリットは、手数料が高いという点になります。銀行融資や利息のかからない助成金・補助金に比べると、ファクタリングの手数料は非常に高いです。そのため、短期間で複数回連続で利用してしまえば手数料が負担となり、かえって資金繰りが悪化する可能性が考えられます。便利に活用できるファクタリングですが、手数料を決して安くない資金調達方法であることを覚えておきましょう。

② 返済実績を作れない

ファクタリングのデメリットとして、返済実績を作れないという点があげられます。

銀行融資や日本政策金融公庫であれば、返済することで次に融資を受ける際に返済実績から有利に進めることが可能です。しかしファクタリングは融資ではなく、単なる売掛債権の売買・譲渡になります。そのため、いくら資金調達をしても返済実績は残らないのです。

5:初心者にもおすすめ!優良ファクタリング会社5選

ファクタリングを利用してみようかな?

上記のようにお考えになった時、どのファクタリング会社を利用すれば良いのか悩んでしまいますよね。

ファクタリング会社の中には、悪質な行為を働く悪質なファクタリング会社が存在します。売掛債権は現金同様の価値があるものです。少しでも有利に資金調達を行うには、優良なファクタリング会社を利用する必要があります。

今回はシャチョサンがおすすめする5つの優良ファクタリング会社を紹介しましょう。

  • OLTA
  • ビートレーディング
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • ジャパンマネジメント
  • 資金調達プロ

上記5つの中でも、おすすめはOLTAです。手数料上限が9%と明記されており、安心感があります。さらにネット完結型のファクタリング会社なので、わざわざ来店する手間を省くことが可能です。さっそく5つのファクタリング会社について、詳しく紹介していきます。

5-1:OLTA

OLTA
注目ポイント
個人でも利用OK!Web完結で即日資金調達ができる!
  • OLTA株式会社
  • 東京都港区南青山1丁目15番41号 QCcube南青山115ビル3階
  • 050-3205-1008
  • 手数料2%~9%

OLTAはWebサイト上で必要書類を提出後、24時間以内に審査が完了します。
審査後は、OLTAへ来店する事なくWeb上で手続きを終えることが可能です。

さらに債権譲渡登記をする必要が無いので、無駄な資金調達コストを抑えることが出来ます。
個人事業主でも、下限上限なく利用する事が可能です。素早く!簡単に手続きを終わらせたい!そんな時にはOLTAをオススメします。

OLTAの公式サイトを見る

5-2:ビートレーディング

ビートレーディング
注目ポイント
最短即日12時間!必要書類は3点だけでOK!
  • 株式会社ビートレーディング
  • 東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3階
  • 0120-97-9559
  • 手数料2%~

ビートレーディングは、原則として債権譲渡登記の必要が無いファクタリング会社です。

申込から入金まで最短即日(12時間)で行うことができ、金額は無制限で利用することが出来ます。
また、土日祝日を除き30分以内に審査結果を出してくれるのです。

忙しい状況でもスピーディに取引することができ、出張買取・郵送契約にも対応しています。

どのファクタリング会社を利用すれば良いか分からない・・・そんな時は利用者の多いビートレーディングがオススメです。

ビートレーディングの公式サイトを見る

5-3:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構
注目ポイント
郵送ファクタリングOK!中小企業のためのファクタリング会社
  • 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  • 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
  • 03-6435-8727
  • 手数料8%~20%

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人で運営されているファクタリング会社です。

中小企業の役に立ちたい」という思いから設立されており、中小企業の資金調達で強い味方となってくれます。
即日~3営業日以内に資金化することができ、郵送ファクタリングが可能です。

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトを見る

5-4:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント
注目ポイント
出張買取OK!経営ノウハウが得られる!
  • 株式会社ラインオフィスサービス
  • 福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8階
  • 0120-258-076
  •  手数料3%~

ジャパンマネジメントは、福岡に本社を構えるファクタリング会社です。

 東京にも支店があり、首都圏でも利用することが出来ます。
さらに出張買取に対応しているので、全国どこからでも利用することが可能です。

またファクタリング取引だけではなく、資金調達後の経営アドバイスまでサポートしてもらうことが出来ます。
資金調達だけでなく、経営アドバイスを求めている場合にはオススメのファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントの公式サイトを見る

5-5:資金調達プロ

資金調達プロ
注目ポイント
ファクタリング会社を一括比較できる巨大ポータルサイト!無料のかんたん診断ができる!
  • 株式会社セレス
  • 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
  • 080-9537-5797

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

おすすめする理由はただ1つです。資金調達プロでは1,000以上の提携事業者の中から、あなたにピッタリな優良業者を紹介してくれるサイトとなっています。最短10秒の無料診断に申し込むと、実績のあるコンサルタントからメールが届くのです。

メール内には、調達できる資金の目安・おすすめの優良会社と理由について書かれています。
おすすめ会社に申込をしたい場合には、担当コンサルタントが直接連絡を取りスムーズに取引を行うことが可能です。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心してサービスを利用することができるでしょう。

ファクタリング会社を比較する1つの手段として、資金調達プロを活用してみるのも良い方法と言えます。

資金調達プロの公式サイトを見る

まとめ

ファクタリングについて詳しく紹介してきました。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社へ譲渡することによって資金化する資金調達方法です。

売掛金の未回収リスクを防ぐことができ、スピーディに活用することができます。中小企業の経営者の悩みを解決する「実用性の高い資金調達方法」として、いま人気がぐんぐん上がってきているのです。ぜひ参考にしてみてください。